EQIUPMENT
設備・仕様

設備・仕様
収納・アメニティー
構造・セキュリティ

STRUCTURE
永住の品質を実現した、堅牢な建物と基礎構造。

基礎構造

基礎構造

現地でコンクリートを支持地盤まで流し込み、杭の先端を強固な地層まで到達させる“場所打ちコンクリート杭”を採用。また、8本の杭は先端を広げた拡底杭とし、その抵抗力によって建物を支える杭基礎を採用しています。

二重床・二重天井

二重床・二重天井

洋室には、壁面にすっきりと収まり空間の美観を損ねないシステム収納を採用しました。収納上部には、日頃使わないものを置いておける棚を設置。
※一部設置のないタイプもございます。

外壁

外壁

外部に面するコンクリート壁は約150mm~約300mmを確保。内側には断熱材やプラスターボードなどを配しています。

複層ガラス

複層ガラス

窓は断熱性の高い複層ガラスを採用。結露を抑え省エネ効果もあります。

強度を高めたコンクリート

強度を高めたコンクリート

一般的なコンクリートよりも強度を高め、約24N/m㎡に対し、最大約27~36N/m㎡としました。これは1㎡あたり約3,600tもの重量を支えられることを示しています。
※杭・付属施設・捨てコンクリート・土間コンクリート・外構擁壁等を除く※「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2009(日本建築学会編)」の考え方を引用
※コンクリートの構造設計の際に基準とするコンクリートの圧縮強度、材齢は28日を標準としています。

溶接閉鎖型せん断補強筋

溶接閉鎖型せん断補強筋

主要構造部(基準2条)のコンクリート柱において、帯筋として継ぎ目を溶接した溶接閉鎖型の高性能なせん断補強筋を採用。一般的な帯筋に比べ、せん断力に対する補強効果が高く、柱の耐震性を向上させています。 基礎梁部を除く

サッシの遮音性能

サッシの遮音性能

室内の快適性を高める為、一部の窓サッシには、T-2/T-3等級相当の防音アルミサッシを採用しました。
※出典/日本建築学会「建築物の遮音性能基準」
※すべての周波数で30dB下がるわけではありません。平均値でのレベルとなります。また、周辺環境の条件等により変化いたします。遮音等級はメーカーが表示した性能の参考値であり、本物件の実際の住戸内における遮音性能を示すものではありません。

戸境壁

戸境壁

戸境壁は耐火性能の認定を受けた厚さ136mm遮音性能TLD56の乾式壁を採用しています。

鉄筋の耐久性に配慮したコンクリートかぶり厚

鉄筋の耐久性に配慮した
コンクリートかぶり厚

鉄筋に対するコンクリートの設計かぶり厚さを建築基準法の基準値に約10mmプラスし、耐久性に配慮しています。

耐震玄関ドア枠

耐震玄関ドア枠

基準値範囲内における地震による変形でドアが開かなくなる状況を軽減します。

耐久性を高めるダブル配筋

耐久性を高めるダブル配筋

主要な床・壁には、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋(またはダブルチドリ配筋)を採用しています。より高い耐久性を確保します。

水セメント比

水セメント比

水セメント比を約50%以下に抑えることで、構造体の強度と耐久性を高めています。

住宅性能評価

住宅性能評価

国が定める第三者機関が品質を証明する、住宅性能評価を取得しています。

SECURITY
住まう方の毎日を見守る、先進のセキュリティを追求。

オンライン24時間セキュリティ

オンライン24時間セキュリティ

24時間オンラインで住まいを見守ります。火災異常・侵入異常・非常時には自動通報で管制センターが対応いたします。

Tebraキーシステム

ハンズフリーでオートロックが開錠できる先進の「Tebraキーシステム」。

鍵をバッグやポケットに入れておけば、リーダーに近づくだけでオートドアを通過することができる「ハンズフリーキーシステム」を採用。 荷物で手がふさがっている時や、ベビーカーを押している時でも、スムーズな立ち振る舞いが可能です。
※1 ハンズフリーキーと非接触型キーの2種類のお引き渡しとなります。ハンズフリーキーは全てのセキュリティ箇所の解錠に対応するものではありません。また、非接触型キーの場合はキーヘッドをリーダにかざす必要があります。※2 電波を通しにくい素材では反応しない場合があります。※3 数値は使用環境により異なります。

CP認定のドアと錠

CP認定を受けた玄関ドアと
CP認定錠※

玄関扉は「錠こじ破り・受け座壊し対策、面材破壊対策、戸板破り対策」を施し、扉だけでなく錠自体も「防犯性能の高い建物部品」であるCP認定仕様です。

集合玄関キー

集合玄関キー

鍵をもっていて手をセンサーにかざすと解錠できます。鍵をかざしても解錠可能。

鎌デッド錠

鎌デッド錠

バールによるこじ開けに対し高い防犯性を示します。

防犯カメラ

防犯カメラ

敷地内の各所に防犯カメラを設置。不審者の侵入を抑制します。

カラーTVモニター付インターホン

カラーTVモニター付インターホン

共用エントランスの来訪者をカラー画像と音声で確認できます。また、録画・録音機能もついております。

玄関防犯センサー

玄関防犯センサー

玄関には防犯センサーを設置。セキュリティシステムと連動し、センサーが異常を感知すると自動通報。

設備・仕様
収納・アメニティー
構造・セキュリティ

※掲載の写真はモデルルーム(Dtype, C1type, Htype)を2018年9月に撮影したもので一部オプション仕様を含んでいます。家具・調度品・有償オプション等は販売価格に含まれません。また、タイプにより仕様・形状等は異なります。
※CP認定とは、警察庁、国土交通省、経済産業省の他、各種民間団体が参加した官民合同会議によって定められた建物の部品の防犯性についての唯一の公的基準に合格した、防犯部品を指します。
※「設計住宅性能評価書」とは、設計図書の段階で図面から評価し、まとめたものです。